FC2ブログ

瀕死の俺を助けてくれた宿屋の女主人との思い出について語ってく1

ここでは、「瀕死の俺を助けてくれた宿屋の女主人との思い出について語ってく1」 に関する記事を紹介しています。
1 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:Ss97Lpork
立ったら書く


2 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:Ss97Lpork
今から8年前の話なんだが、その前にちょっと俺の生い立ちについて触れさせてくれ
俺は孤児だったから家族の温かさとかよくわからんかったけど不思議と寂しくなかった


3 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:Ss97Lpork
俺には一人姉がいて血は繋がってなかったけど凄く仲良かった
俺と姉は孤児院で育ったんだけどそこでの生活は決していいものじゃなかった
孤児院経営してるBBAには奴隷のようにコキ使われるし姉より年上の女の子も何人かいて
その中には文字通り、男の相手させられてる子もいた


5 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:7ul01f7Lpork
ほほぉ


6 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:K6Ju5lgnm9
売春か


7 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:Ss97Lpork
俺が12になったある日、事件が起きた
というのも姉が脱走したんだ
外面だけはよかったから
経営者のBBAは世間体を気にして
血眼になって探したり首長のところに捜索願も
出してたみたいだけど結局、姉は帰ってこなかった


8 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:Ss97Lpork
俺はこの時人生で初めて寂しいっていう感情を覚えた
悲しくて悲しくてその日は目が真っ赤になるまで泣いてた
そしたらBBAに男がいつまでも泣いてるんじゃないよって言われて思いっきりぶたれた


9 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:8jur5lopye7
BBA屑だな


10 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:uj6Kj76H0O
孤児院とかって慈善事業とか言われてるけど現実はどこもこんななんだろうな


11 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:Ss97Lpork
>>10
ソリチュードとか大都会になれば話は別だろうけどどこもこんなだと思うわ
それから一年が経った
今までBBAの態度が180度変わって「いい男になってきたじゃないか」ってよく頬を撫でられる様になった
食事も俺一人だけちゃんとしたもの出されたりして孤児院の他の子供にはやっかまれたりした
今までとのギャップが激しすぎたのと心底嫌いな人間に撫でられるのとで食事も喉通らなかったり
吐いたりすることもあった




12 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:Ss97Lpork
自分で言うのもあれなんだが昔から勘がいい方だった俺は身の危険を感じて姉と同じく
脱走計画することにした
計画実行日、俺は誰にも告げずヒッソリと裏口から脱走した




13 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:hf8c09EwP
なんで身の危険を感じたの?

14 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:j6iu9yr4lpo
そのままいればBBAの婿になって経営者になれたのに

15 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:Ss97Lpork
>>13
BBAの態度があまりにも変わりすぎてて絶対裏があると思った

>>14
それはないわ
というかそのままいたら俺は大変な目に遭うとこだった
後から知ったことだけどBBAは俺に男の相手をさせるつもりだったらしい



16 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:j6iu9yr4lpo
これはまさかの・・・ホモ展開


17 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:Ss97Lpork
>>16
大丈夫だ、それはない
上にも書いてる通り無事逃げ切ったし俺はホモじゃない
あの時少しでも脱走するのが遅れてたとしたら・・・考えたくもないな


18 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:Ss97Lpork
苦難って乗り越えてもまた別の苦難がすぐやってくるのな
俺は働きたかったけど子供だったから誰も取り合ってくれなかったし、街頭で寝てたらなけなしの金品を
盗まれたこともあった
飢えに苦しむこともあったけど気にしてくれるような人は誰一人いなかった
人間って薄情だなって思ったけど今思えば皆自分のことで精一杯だったんだなって思う





19 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:8jur5lopye7
苦労したんだな



20 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:K6Ju5lgnm9
それって何年前の話よ?てか釣り?



21 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:8j3tghkye7
スレタイの女主人はいつ出てくるんだ



22 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:Ss97Lpork
>>19
特別俺が苦労人だったとは思わないけど苦労自慢みたいになってしまってスマン

>>20
13年前の話、ちなみに全てノンフィクション

>>21
長くなってしまってスマン
もうすぐ出てくるから少し待ってくれ


23 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:Ss97Lpork
正攻法じゃ生きていけない、そう思った俺は迷いはあったけど
法に触れるようなことをするようになった
盗み、喧嘩、騙し・・・
殺しはさすがになかったけど
自分の命を狙ってきたゴロつきを半殺しにしてしまったことは何度かあった
人の道を外してしまった俺だけど姉への思いだけは変わらなかった

そして、いつか姉と再会できることだけが俺の毎日の生きる糧だった



24 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:J2V6Jlp1hh
姉が死んでるかもしれないってことは考えなかったの


25 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:K6Ju5lgnm9
なんだシスコンか


26 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:Ss97Lpork
>>24
考えなかったな
というか姉は絶対生きてる、今でもそう信じてる

>>25
否定の余地はないな、自分でも自覚はしてる



27 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:Ss97Lpork
喧嘩に盗みと法に触れることを続けてた俺はさすがに今の街にいられなくなった
昼はフードを深々と被り他の物乞いと同じように街頭に座って過ごし
なるべく人目につかないようにした

そして最低限の旅支度が整った時街を出た
街道では狼に何度も襲われ怪我をすることもザラだったけど
体格もよかった俺は幸い致命傷を負わずに済んだ
この時17だったけど背は180近くあったと思う


28 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:K6Ju5lgnm9
宿屋の女主人マダー

29 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:Ss97Lpork
>>29
待たせたな、女主人との出会いについて書いてくわ

どれくらい歩いただろうか
TESV 2015-02-14 02-59-26-403

北か南か進む方角すらわからなくなっていた俺に追い討ちをかけるように
唯一の相棒だったたいまつの明りは消えた
TESV 2015-02-14 03-08-32-995
急激な寒さに俺は身震いしていつしかその場に座り込んでいた

TESV 2015-02-14 03-16-32-165


30 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:7ul01f7Lpork
これは一人の厨房の妄想物語です


31 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:K6Ju5lgnm9
いつになったらスレタイの話に入るんや


32 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:Ss97Lpork
遠のく意識の中
ああ俺、このまま死ぬんだろうな
最後に姉さんに会いたかったとか思ってたらうっすらと光が近づいてきた
山賊か何かだろう
TESV 2015-02-14 03-19-01-636


33 :雪国の名無しさん:2013/05/27(月) 21:07:13.53 ID:Ss97Lpork
俺の耳に走ってくる音だけが聞こえた
この時体力の限界だったから誰が近づいてきたのか確認したかったけど
俺は目をあけることすらできなかった
TESV 2015-02-14 03-20-25-511
遠のく意識の中、近づいてきたものの声がうっすらと聞こえた
女の声だった
「君、大丈夫?!」、「しっかりして」、「大変!こんなに冷たいし凍傷も酷い・・」、「誰か呼んで来るから死んじゃ駄目よ!」
確かこんなことを言われた気がする
TESV 2015-02-14 03-27-01-315
TESV 2015-02-14 03-28-14-563
TESV 2015-02-14 03-37-17-300





蛇足ですがこの記事はTumblrにもup予定です。尚、Tumblrの方は画像だけになる模様

長くなったので次回へ
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する